SHINZEN(しんぜん)の「共にのつどい」の名前には「共に生き、共に考えよう」という意味がこめられています。 SHINZEN(しんぜん)では毎月、施設の先生、あるいは障害者ご本人や、お母さん、他のボランティア・グループの方々をお呼びしてお話を伺っており、その内容は、どれも感銘深いものばかりでした。 講師の方は、淡々と語りながらも、一つ一つの言葉の中には、ほとばしるような思いがあり、私たちSHINZEN(しんぜん)スタッフにも熱い情熱が伝わってくるのです。 時には、胸を切り裂かれるような悲しみ、苦しみの淵に立ちながらも、それを超えてきた道のりは聞く者の心をゆさぶりました。 どうやってその壁を越えたのだろうか。どうしたら、そんなにも変わらない心で尽くせるのだろうか... そこには、生きていく上で大切なものが珠玉のようにきらめいていました。 SHINZEN(しんぜん)ではこれから、ブログを通して「共にの集い」の内容を紹介していきます。

SHINZEN(しんぜん)民間では全国一の規模

SHINZEN(しんぜん)-いのちの輝きより


民間では全国一の規模の広大な敷地の中で、ゆったりと過ごすお年より

川上康雄 浴風会・特別養護老人ホーム「第二南陽園」園長 98年9月
浴風会は、関東大震災後、自活することができなくなった人々を救護するために、御下賜金と一般義損金をもとに設立されました。

当時の内務省社会局によって、約10万平方メートルの敷地に本館、並びに付属建物合わせて54棟の建物が設置されたのが始まりです。第二次世界大戦中は、しばらく軍の接収を受けましたが、終戦後は、生活保護法による保護施設として再生し、昭和27年4月には社会福祉法人に改組しました。そして昭和38年8月、老人福祉法の施行に伴い福祉法による老人福祉施設として、今日に至っています。

民間では国内最大規模の敷地の中に、養護老人ホーム「浴風園」、特別養護老人ホームとして「南陽園」と「第2南陽園」、軽費老人ホームとして「浴風会松風園」と「浴風会ケアハウス」の五つの老人ホームがあります。現在、総職員数は、550人です。施設は大規模でも、処遇は家庭的というのが私達の願いです。

さて、私共の第二南陽園は、浴風会が南陽園に次いで創立した、特別養護老人ホームです。施設内には、在宅サービスセンターを併設しています。現在の建物は、浴風会創立60周年記念事業として、昭和60年から2ヶ年計画で建てられたもので鉄筋コンクリート造り、地下1階、地上3階建てになっています。

定員は150人。居室は4人部屋が33室。1人部屋18室、2人部屋3室となっています。150人の入所者全員が杉並区の方々です。杉並区には、現在約3000人の寝たきり老人がいます。そして現在800人の方が入所待機しています。そうした中で、1年間に15〜20人の方が亡くなられ、新たに老人の方が入ってこられます。しかし、入所時には介護度が重度化していることが多くなっています。職員は3人に1人の割合ですが、重度化する分、ケアも大変になってきます。

さて、現在、老人福祉において最大の関心事は公的介護保険制度の施行だと思います。今年は、全国でおよそ2047万人の方が65歳以上の高齢者として「敬老の日」を迎えられました。今後高齢化は、ますます進んでいきます。そうした高齢化社会が進む中、寝たきりや痴呆などの要介護度も増しています。

そのような不安要因を解決するために施行されるのが、この制度ですが、導入を前に現在、この制度の第一線の実施機関となる特別養護老人ホームを対象に、全国的な職員研修がされています。当園からも、多数の職員が参加しています。しかし、なお暗中模索の感があります。

何よりも深刻なのは、超高齢化社会に向かっている一方で、わが国では晩婚、少子化現象が進んでいることです。高齢化社会では、それを支える介護人口が何よりも大切です。ですから私は、これから子供を産む女性には「どうぞ2人は産んで下さい」(笑)と言っているんですよ。いや、本当に笑い話ではない深刻な問題なんです。

当園でも、老人を直接、お世話をしてくれている職員の方々の働きには頭が下がります。毎日、続くおしめ替え、食事の介護、入浴等の労力は、損得を越えた情熱のようなものによって支えられています。そうしたマンパワーの確保は、これからの老人問題の鍵と言っていいでしょう。

それだけに、ボランティアの方々への期待は大きなものがあります。これからの施設は、地域やボランティアの手を借りなければやっていけません。部屋の掃除、おむつたたみ、話し相手など、どんな些細なことでも、私達は大歓迎です。気軽に声をかけて下さい。

藤波英子
国際協力SHINZEN(しんぜん)公式ホームページ
SHINZEN(しんぜん)活動報告ブログ

SHINZEN(しんぜん)おすすめリンク集



  • SHINZEN(しんぜん)活動報告-地雷撤去・被害者支援-
    SHINZEN(しんぜん)ではカンボジアにおいて、地雷撤去活動・被害者支援のため、地雷撤去センター(CMAC)・ベテランズインターナショナル(VIC)などへの支援を行っている...
    http://www.eshinzen.net/report-removemine.htm

  • SHINZEN(しんぜん)活動-報告教育・職業訓練-
    「中学校・高等学校運営」・「校舎建設」支援
    SHINZENの支援している太陽中学・高校の8年生の入学手続き開始日には、85の定員に対し、徹夜組を含む300名以上が押し寄せ、未だかつてない大混乱となった...
    http://www.eshinzen.net/report-education.htm

  • SHINZEN(しんぜん)活動報告-医療支援-
    「孤児院支援・マラリア検査・治療薬配布」
    SHINZENでは地元の医師・検査技師の協力を得ながら、検査および治療薬の配布を行っている...
    http://www.eshinzen.net/report-healthcare.htm

  • SHINZEN(しんぜん)活動報告-井戸掘り・飲料水確保-
    「井戸建設支援・農業(稲作)支援」
    ウガンダ共和国 カンパラ地区(Mutundwe,Nateete)、施工前のこの湧き水は、繁みに囲まれた場所に水溜りのような状態でありました...
    http://www.eshinzen.net/report-digwell.htm

  • SHINZEN(しんぜん)活動報告-国内活動-
    国際会議・給食サービス・ボランティア学習会「共にの集い」・おむつたたみ
    http://www.eshinzen.net/report-home.htm

  • SHINZEN(しんぜん)ニュース-おげんきですか?
    http://www.eshinzen.net/ogenkidesuka.htm

  • SHINZEN(しんぜん)福祉ショップしんぜん
    http://www.eshinzen.net/shop.htm

  • SHINZEN(しんぜん)収支決算報告書
    http://www.eshinzen.net/settlement-of-accounts.htm

  • SHINZEN(しんぜん)よくある質問
    SHINZENでは、随時、会員の申込を受け付けております。また、国内活動として...
    http://www.eshinzen.net/faq.htm


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。