SHINZEN(しんぜん)の「共にのつどい」の名前には「共に生き、共に考えよう」という意味がこめられています。 SHINZEN(しんぜん)では毎月、施設の先生、あるいは障害者ご本人や、お母さん、他のボランティア・グループの方々をお呼びしてお話を伺っており、その内容は、どれも感銘深いものばかりでした。 講師の方は、淡々と語りながらも、一つ一つの言葉の中には、ほとばしるような思いがあり、私たちSHINZEN(しんぜん)スタッフにも熱い情熱が伝わってくるのです。 時には、胸を切り裂かれるような悲しみ、苦しみの淵に立ちながらも、それを超えてきた道のりは聞く者の心をゆさぶりました。 どうやってその壁を越えたのだろうか。どうしたら、そんなにも変わらない心で尽くせるのだろうか... そこには、生きていく上で大切なものが珠玉のようにきらめいていました。 SHINZEN(しんぜん)ではこれから、ブログを通して「共にの集い」の内容を紹介していきます。

SHINZEN(しんぜん)青春時代の全てを

国際協力SINZEN(しんぜん)-いのちの輝きより

青春時代の全てをアフリカに捧げて安藤 留美子 NGOボランティア 95年11月

安藤さんは26才の時、青年海外協力隊の隊員として東アフリカのマラウイに助産婦として技術援助のために渡りました。任期の2年を過ぎてもそのままアフリカに残り、サハラ以南の東アフリカ14ヶ国、さらにタイやスリランカなど計16ヶ国で活動を続けて今日に至っています。現在はザイールのご主人さんと共に、サントメで民間のボランティアとして衛生指導などの活動をしています。

                    ◇

私がアフリカに行きたいと思ったのは、小学校5年生の時でした。教科書にのっていたシュバイツァー博士に感動したのです。その後、中学生の時に読んだ博士の本の中に「罪の意識のない良心は悪魔が発明したものである」という一行を読み、衝撃を受けました。高校に入りユニセフに手紙を書いて「アフリカに行くにはどうしたらいいか」と尋ねると青年海外協力隊を教えてくれました。いずれにしろ技術が必要だと思い助産婦になることにしました。ですから私は助産婦になりたくてなったのではなく、アフリカに行くために助産婦になったのです(笑)。しかし初めてのお産はとてもいい出会いをしました。赤ちやんが生まれた後、お母さんが「ありがとうございました」と笑顔で言ってくれたのです。
すばらしい仕事だと実感しました。


 日本での実務3年を終えて26才の時、青年海外協力隊の隊員としてマラウイに渡りました。マラウイはモザンビーク、ダンザニアに隣接する日本の3分の1くらいの小さな国です。元英国領で独立したのは1964年です。私が派遣されたのは、英国国教会が持っている小児科と産婦人科のある100床の病院でした。当時、マラウイには医者は全国で60数人ぐらいしかいませんでした。その病院も医学部は卒業したけれども国家試験は受かっていないというお医者さんが1人。しかもその人も病気で休んだままの状態でした。

朝になりいつまでたっても回診が始まりません。回診とは、お医者さんが患者さんを見回り治療の方針をだすことです。総婦長さんに聞くと「あなたがやるのです」と言われ驚いてしまいました。いきなり何んでもやることになり、熱帯医療の医学書を片手に必死に聴診器を持ちました。

予防注射も行き届かない国では、はしかで2日に1人死んでいくのです。平均寿命は40才ぐらい。間もなく私はマラリアになってしまいましたが、高熱の中でも教科書は手放せませんでした。人間の生死はどうしようもないものもありますが、酸素さえあれば、保育器さえあれば助かったのにという悔しいこともたびたびでした。

ここの病院には英国国教会から送られて14年間もボランティアをしている女性がいました。私達、青年海外協力隊員は当時、200ドルの生活費を国からもらっていましたが、彼女は教会から80ドルの手当でした。ところがその80ドルの中からさらに中高生の奨学金のために寄付をしていました。それこそ全てをアフリカに捧げているのです。

「どうしてそんなにがんばれるのか」と聞くと、「神様、どうぞこの体を通して仕事をして下さい。といつも祈っているのです」との答えでした。私は彼女からボランティアとしての原点を教えられたと思っています。現在、私は主人と共に民間ボランティア団体に所属して活動をしています。政府間で話し合われる公的援助も、実際に現地に行くと、本当に必要なものはもっと別のものではないかと思うことがあります。

例えばスリランカで総工費70億円をかけて未熟児医療の病院を建てましたが、1200gの赤ちやんが2・5sで退院してもその後が育たないのです。それよりも簡単な保育器をたくさん増やしたり、公衆衛生を中心とした教育から始めた方がいいのではと思います。援助とは、その国の文化を壊さないで、その国の人が自分達で生きて行けるよう、つまり自助努力を促すことが大切です。現在は民間ボランティアとして衛生指導などを始めたところで、主人と共に試行錯誤の毎日です。
                    ◇

安藤さんがアフリカに渡ってすでに十数年。青春時代の全てを投じ、アフリカ、アジアを16ヶ国回り、マラリアには、風邪をひくように7回もかかったそうです。「私は肉親がいるので日本に帰ってきますが、どこの国も皆同じです。私は帰巣本能が少し足らないのかもしれません」と、こともなげに笑われました。

藤波英子
国際協力SHINZEN(しんぜん)公式ホームページ
SHINZEN(しんぜん)活動報告ブログ

SHINZEN(しんぜん)おすすめリンク集



  • SHINZEN(しんぜん)活動報告-地雷撤去・被害者支援-
    SHINZEN(しんぜん)ではカンボジアにおいて、地雷撤去活動・被害者支援のため、地雷撤去センター(CMAC)・ベテランズインターナショナル(VIC)などへの支援を行っている...
    http://www.eshinzen.net/report-removemine.htm

  • SHINZEN(しんぜん)活動-報告教育・職業訓練-
    「中学校・高等学校運営」・「校舎建設」支援
    SHINZENの支援している太陽中学・高校の8年生の入学手続き開始日には、85の定員に対し、徹夜組を含む300名以上が押し寄せ、未だかつてない大混乱となった...
    http://www.eshinzen.net/report-education.htm

  • SHINZEN(しんぜん)活動報告-医療支援-
    「孤児院支援・マラリア検査・治療薬配布」
    SHINZENでは地元の医師・検査技師の協力を得ながら、検査および治療薬の配布を行っている...
    http://www.eshinzen.net/report-healthcare.htm

  • SHINZEN(しんぜん)活動報告-井戸掘り・飲料水確保-
    「井戸建設支援・農業(稲作)支援」
    ウガンダ共和国 カンパラ地区(Mutundwe,Nateete)、施工前のこの湧き水は、繁みに囲まれた場所に水溜りのような状態でありました...
    http://www.eshinzen.net/report-digwell.htm

  • SHINZEN(しんぜん)活動報告-国内活動-
    国際会議・給食サービス・ボランティア学習会「共にの集い」・おむつたたみ
    http://www.eshinzen.net/report-home.htm

  • SHINZEN(しんぜん)ニュース-おげんきですか?
    http://www.eshinzen.net/ogenkidesuka.htm

  • SHINZEN(しんぜん)福祉ショップしんぜん
    http://www.eshinzen.net/shop.htm

  • SHINZEN(しんぜん)収支決算報告書
    http://www.eshinzen.net/settlement-of-accounts.htm

  • SHINZEN(しんぜん)よくある質問
    SHINZENでは、随時、会員の申込を受け付けております。また、国内活動として...
    http://www.eshinzen.net/faq.htm


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。