SHINZEN(しんぜん)の「共にのつどい」の名前には「共に生き、共に考えよう」という意味がこめられています。 SHINZEN(しんぜん)では毎月、施設の先生、あるいは障害者ご本人や、お母さん、他のボランティア・グループの方々をお呼びしてお話を伺っており、その内容は、どれも感銘深いものばかりでした。 講師の方は、淡々と語りながらも、一つ一つの言葉の中には、ほとばしるような思いがあり、私たちSHINZEN(しんぜん)スタッフにも熱い情熱が伝わってくるのです。 時には、胸を切り裂かれるような悲しみ、苦しみの淵に立ちながらも、それを超えてきた道のりは聞く者の心をゆさぶりました。 どうやってその壁を越えたのだろうか。どうしたら、そんなにも変わらない心で尽くせるのだろうか... そこには、生きていく上で大切なものが珠玉のようにきらめいていました。 SHINZEN(しんぜん)ではこれから、ブログを通して「共にの集い」の内容を紹介していきます。

SHINZEN(しんぜん)キリスト者としての使命感

SHINZEN(しんぜん)-いのちの輝きより

キリスト者としての使命感に燃えた賀川豊彦の生涯

「世界に平和を来たらせて下さい」賀川豊彦は、ノーベル平和賞の候補にも上がったことのある、国際的に知られたキリスト教伝道者です。そして貧しい人々の友でありました。人を不幸にする社会問題を解決したいという考えから、労働運動、政治運動、協同組合運動など様々な活動をしています。多岐にわたる活動の原動力は、キリスト者として、人々を救いたいという思いからでした。そしてキリストの愛を、一人でも多くの人に知らせたいという使命感でした。ボランティアの先人と一口に言うには、あまりに多面な活動をしてきた人ですが、その生涯をたどってみました。
                    ◇
賀川豊彦は明治21年7月10日、父賀川純一、母かめの次男として神戸市に生まれました。父は徳島県の素封家の三男で、一時は政界で活躍しましたが豊彦が生まれたのは、実業家として成功している頃でした。母かめは元芸者で本妻ではありません。本妻には子がなく、かめとの間に4男1女がいました。豊彦が4才の時、ふとした風邪から父が亡くなり、母かめも、その2ヶ月後に亡くなり、豊彦は徳島の賀川家の本妻に引き取られました。

豊彦は、幼少の頃から成績は抜群でしたが、自身の生まれには悲しみをもっていました。「淫乱の巷から呼び出され、十字架のふもとに立たされた」と、後年、語っています。徳島中学校に入学した豊彦は、16才の時、マヤス博士(アメリカ人宣教師)より洗礼を受けます。その時、彼の耳には、「汝、純潔を求むるか、もし汝が、汚れかかった心を拭い清めて純潔の生涯に入りたいと思うならば、野に咲く百合の花の気持ちになって、天地を見直せ」という、神の声が響いたそうです。

その後、明治学院高等部神学予科から神戸神学校に進みました。生家が破産した豊彦を、物心両面に援助したのはマヤス博士でした。神戸神学校在学中、転機が訪れます。肺を病み、死線をさまよい医師から余命2年と宣告され、どうせ死ぬなら、よいことをして死のうと、神戸新川の貧民窟に身を投じ、伝道活動を始めたのです。豊彦21才の時でした。以後、貧民窟での生活は十数年にわたりました。そこに暮らしている人々は、浮浪者、売春婦、前科者、アル中、日雇い労働者などでした。ケンカ、殺人が絶えることのない地でしたが、中でも心を痛めたのは、貰い子殺しでした。

貧しい生活から子育てができない人々が、他人にお金と生まれたばかりの子供を渡し、栄養失調にして死なせてしまうのです。豊彦はそうした子を引き取り面倒を見たり、日曜学校を開いて教育をしました。狭い家に、浮浪者や病人を泊まらせ、トラホームや疥癬などに悩まされ続けました。

そうした生活の中、豊彦は生涯の協力者であり、良き伴侶のハル夫人と出会ったのです。ハル夫人は豊彦と共に奉仕活動をし、巡回点眼中、トラホームに感染し右眼を失っています。夫人との間には1男2女が恵まれました。27才の時、豊彦は米国留学をし、神学をさらに学びました。アメリカでは、大衆デモを目の当たりにし、貧民を救うには、救貧より防貧であると痛感したのもこの時期です。

帰国した豊彦は、無料診療所の開設。労働者、農民の自由と幸福のための労働、農民運動の指導、あるいは普通選挙運動にのり出したり、協同組合を組織したりと、精力的に活動しました。その全ては貧しい人々を救いたい思いから出たことでした。

しかし、豊彦の活動の中心は、何と言っても伝道活動です。長く労働・農民運動に力を入れていましたが、その人々が共産主義に走ったり、酒に溺れていく姿を見、やはり霊性が大事であると悟り、37才の時、「イエスの友会」を結成しました。その方針は、「イエスにあって敬虔なること、貧しき者の友となりて労働を愛すること。世界平和のため努力すること。純潔なる生活を貴ぶこと。社会奉仕を旨とすること」と、あります。

 彼は、日本人に広く福音を伝えるために、「100万人救霊運動」、「神の国運動」を決意し、閉鎖的であった教会に新風をおこし、教派を超えて、全日本キリスト教会全体で協同伝道する道を開きました。これは日本キリスト教会の歴史の中で、最も成功した伝道活動でした。

 さらに世界各地に講演や伝道にも出かけました。米国、カナダ、ヨーロッパ、南米、中国、インド、イスラエル、オーストラリアと数回にわたり世界各地を回り、世界的名声を得ました。戦争中は、反戦運動により、検挙された豊彦でしたが、戦後は、新生日本のためさらに情熱的に国内、海外に伝道に出かけました。

その日程は、過密で殺人的なほどでした。いつも病気をかかえていた彼の肉体は、キリストの使者としての使命感によって支えられてきましたが、ついに四国伝道の路中に倒れ、昭和35年4月23日、72才にして静かに生涯を閉じました。彼の最後の言葉は、「教会を強くして下さい。日本を救って下さい。世界に平和を来たらせて下さい」というものでした。(参考文献・林啓介「炎は消えず、賀川豊彦・再発見」)

藤波英子

国際協力SHINZEN(しんぜん)公式ホームページ
SHINZEN(しんぜん)活動報告ブログ

SHINZEN(しんぜん)おすすめリンク集



  • SHINZEN(しんぜん)活動報告-地雷撤去・被害者支援-
    SHINZEN(しんぜん)ではカンボジアにおいて、地雷撤去活動・被害者支援のため、地雷撤去センター(CMAC)・ベテランズインターナショナル(VIC)などへの支援を行っている...
    http://www.eshinzen.net/report-removemine.htm

  • SHINZEN(しんぜん)活動-報告教育・職業訓練-
    「中学校・高等学校運営」・「校舎建設」支援
    SHINZENの支援している太陽中学・高校の8年生の入学手続き開始日には、85の定員に対し、徹夜組を含む300名以上が押し寄せ、未だかつてない大混乱となった...
    http://www.eshinzen.net/report-education.htm

  • SHINZEN(しんぜん)活動報告-医療支援-
    「孤児院支援・マラリア検査・治療薬配布」
    SHINZENでは地元の医師・検査技師の協力を得ながら、検査および治療薬の配布を行っている...
    http://www.eshinzen.net/report-healthcare.htm

  • SHINZEN(しんぜん)活動報告-井戸掘り・飲料水確保-
    「井戸建設支援・農業(稲作)支援」
    ウガンダ共和国 カンパラ地区(Mutundwe,Nateete)、施工前のこの湧き水は、繁みに囲まれた場所に水溜りのような状態でありました...
    http://www.eshinzen.net/report-digwell.htm

  • SHINZEN(しんぜん)活動報告-国内活動-
    国際会議・給食サービス・ボランティア学習会「共にの集い」・おむつたたみ
    http://www.eshinzen.net/report-home.htm

  • SHINZEN(しんぜん)ニュース-おげんきですか?
    http://www.eshinzen.net/ogenkidesuka.htm

  • SHINZEN(しんぜん)福祉ショップしんぜん
    http://www.eshinzen.net/shop.htm

  • SHINZEN(しんぜん)収支決算報告書
    http://www.eshinzen.net/settlement-of-accounts.htm

  • SHINZEN(しんぜん)よくある質問
    SHINZENでは、随時、会員の申込を受け付けております。また、国内活動として...
    http://www.eshinzen.net/faq.htm


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。