SHINZEN(しんぜん)の「共にのつどい」の名前には「共に生き、共に考えよう」という意味がこめられています。 SHINZEN(しんぜん)では毎月、施設の先生、あるいは障害者ご本人や、お母さん、他のボランティア・グループの方々をお呼びしてお話を伺っており、その内容は、どれも感銘深いものばかりでした。 講師の方は、淡々と語りながらも、一つ一つの言葉の中には、ほとばしるような思いがあり、私たちSHINZEN(しんぜん)スタッフにも熱い情熱が伝わってくるのです。 時には、胸を切り裂かれるような悲しみ、苦しみの淵に立ちながらも、それを超えてきた道のりは聞く者の心をゆさぶりました。 どうやってその壁を越えたのだろうか。どうしたら、そんなにも変わらない心で尽くせるのだろうか... そこには、生きていく上で大切なものが珠玉のようにきらめいていました。 SHINZEN(しんぜん)ではこれから、ブログを通して「共にの集い」の内容を紹介していきます。

SHINZEN(しんぜん)誰かの為に生きること

SHINZEN(しんぜん)-いのちの輝きより

誰かの為に生きること、それがボランティア永六輔 講演会より 96年2月

障害者福祉連合会主催の永六輔氏の講演会に参加しました。当日は雪の中を多くの人が集い、永氏の笑いあり風刺ありの当意即妙の話術に魅了されました。その中には、私達ボランティアをする者にとっても少々耳の痛い、しかしなるほどと思う内容がありました。
                    
ボランティアというのは、そもそもラテン語の義勇軍からきたものなんです。「義を見てせざるは勇なきなり」というけれど、では義とは何か。義士とか義民とかあるいは義足、義眼ということから分かるように、補うということ。義士は主君の恨みを補った。堀部安兵衛が高田馬場でした助だち、これもボランティア。足の不自由な人の足を補うのが義足。

つまり義の意味がボランティアなんです。それから考えるとボランティアというのは、皆でするというものではないのね。常に自分の意志でやるもの。手伝いたい人が手伝う。誰かの為に生きていることがボランティアだと思う。それは家族の為でもいいんです。つまり、本来、生まれてから死ぬまで一生がボランティアです。ただ一つ気を付けなければいけないのは、「あなたは、何をして欲しいのですか」と聞いてからするということです。僕の知人のアメリカ人がいるんだけど、彼はもう10何年も日本にいる親日家ですが、ただ一ついやなことがあるという。それはどこの家に行っても、まずお茶が出ることだというんです。

 彼にすると「なぜお茶が出るんだろうか。お茶を欲しいと言ったわけじゃないのに」となるわけです。飲みたくないかもしれないし、他のものがいいかもしれないのに、「まあまあひとつお茶でも」と必ず出てくる。アメリカなら「お茶、コーヒー、ジュースそれともビール?」と聞くというのです。たとえ、水と牛乳しかないとしても今これしかないけれど、どっちにすると聞くのにと。お茶を出すということは、単に形式を守っているだけで、それでもてなしの役割は終わったと自己満足している。

つまりこれは、相手の立場に立っていないということなんです。このことはとても重要なことなんですよ。つまり日本人は相手の立場に立って考える習慣のない民族だということなんです。だから海外ボランティアでもお金を出せばいいんだろうとなっちゃう。何をして欲しいんですかではなく、十把ひとからげにやっちゃう。日本人はボランティアに向いていない思考性をもっているということをよく自覚して下さい。その意味ではこの間、薬害エイズ問題で菅厚生大臣が謝ったのはよかったと思う。なぜなら被害者の願いの中に大臣に謝って欲しいというものがあったからです。

これは案外皆やっていないんですよ。住専の問題、「もんじゅ」の問題でいつ大蔵大臣が、科学技術庁長官が謝りましたか。薬害エイズ問題はひどい。解明していかなければならないことが山ほどあるけど、謝ったということは忘れてはいけないと思う。最後に、これから日本は高齢化社会になります。女性の平均寿命が82才で男性が76才。つまり高齢化社会というのは女性の社会になるということなんです。

これまで、女性の平均寿命がなぜ長いのかということについて、いろいろ論じられてきましたが、ある学者がこんなことを言ったんです。女になれなかったのが男だと。要するに女性の方が完成度が高いから寿命が長いというんです。僕はこれに賛成。だから男がすべきことは女の人がニコニコ暮らせるようにすることだと思う。母、妻を愛し尊敬し大切にする。男のニコニコ、これは時々危ない(笑)。

女のニコニコこれは平和でいい。誰かの為に生きるというボランティア精神も女性の方が上でしょう。だから、おじいちゃんも長生きしたかったら、おばあちゃんのように生きるといい。女性を先頭にたて、女性の生き方を見習っていけばいい社会が築けると思います。

 藤波英子

国際協力SHINZEN(しんぜん)公式ホームページ
SHINZEN(しんぜん)活動報告ブログ

SHINZEN(しんぜん)おすすめリンク集



  • SHINZEN(しんぜん)活動報告-地雷撤去・被害者支援-
    SHINZEN(しんぜん)ではカンボジアにおいて、地雷撤去活動・被害者支援のため、地雷撤去センター(CMAC)・ベテランズインターナショナル(VIC)などへの支援を行っている...
    http://www.eshinzen.net/report-removemine.htm

  • SHINZEN(しんぜん)活動-報告教育・職業訓練-
    「中学校・高等学校運営」・「校舎建設」支援
    SHINZENの支援している太陽中学・高校の8年生の入学手続き開始日には、85の定員に対し、徹夜組を含む300名以上が押し寄せ、未だかつてない大混乱となった...
    http://www.eshinzen.net/report-education.htm

  • SHINZEN(しんぜん)活動報告-医療支援-
    「孤児院支援・マラリア検査・治療薬配布」
    SHINZENでは地元の医師・検査技師の協力を得ながら、検査および治療薬の配布を行っている...
    http://www.eshinzen.net/report-healthcare.htm

  • SHINZEN(しんぜん)活動報告-井戸掘り・飲料水確保-
    「井戸建設支援・農業(稲作)支援」
    ウガンダ共和国 カンパラ地区(Mutundwe,Nateete)、施工前のこの湧き水は、繁みに囲まれた場所に水溜りのような状態でありました...
    http://www.eshinzen.net/report-digwell.htm

  • SHINZEN(しんぜん)活動報告-国内活動-
    国際会議・給食サービス・ボランティア学習会「共にの集い」・おむつたたみ
    http://www.eshinzen.net/report-home.htm

  • SHINZEN(しんぜん)ニュース-おげんきですか?
    http://www.eshinzen.net/ogenkidesuka.htm

  • SHINZEN(しんぜん)福祉ショップしんぜん
    http://www.eshinzen.net/shop.htm

  • SHINZEN(しんぜん)収支決算報告書
    http://www.eshinzen.net/settlement-of-accounts.htm

  • SHINZEN(しんぜん)よくある質問
    SHINZENでは、随時、会員の申込を受け付けております。また、国内活動として...
    http://www.eshinzen.net/faq.htm


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。