SHINZEN(しんぜん)の「共にのつどい」の名前には「共に生き、共に考えよう」という意味がこめられています。 SHINZEN(しんぜん)では毎月、施設の先生、あるいは障害者ご本人や、お母さん、他のボランティア・グループの方々をお呼びしてお話を伺っており、その内容は、どれも感銘深いものばかりでした。 講師の方は、淡々と語りながらも、一つ一つの言葉の中には、ほとばしるような思いがあり、私たちSHINZEN(しんぜん)スタッフにも熱い情熱が伝わってくるのです。 時には、胸を切り裂かれるような悲しみ、苦しみの淵に立ちながらも、それを超えてきた道のりは聞く者の心をゆさぶりました。 どうやってその壁を越えたのだろうか。どうしたら、そんなにも変わらない心で尽くせるのだろうか... そこには、生きていく上で大切なものが珠玉のようにきらめいていました。 SHINZEN(しんぜん)ではこれから、ブログを通して「共にの集い」の内容を紹介していきます。

SHINZEN(しんぜん)何でも出来る人はいません

SHINZEN(しんぜん)いのちの輝きより

「何でも出来る人はいません。しかし誰でも何かが出来ます」-c ロジャー・W・クロフォード二世   96年8月

アメリカで人気スピーカーとして活躍し、プロテニス協会承認のプロテニス選手でもある、ロジャー・W・クロフォード2世のスピーチを紹介します。
                    ◇
 皆さん、僕の体が普通ではないことに気付かれたことと思います。僕は先天的に手足が欠けてしまうエレクトロダクトリアという病気を持って生まれてきました。僕の手足は全て何かが欠けています。左手の指は2本、右手の指は1本しかありません。5歳になった時、人生の重大決心をせまられました。左足の下の部分を切断し義足を着けられるように手術するか、そのまま歩行器を使って歩くかです。ちなみに右足の指は3本あります。

 私は、左足の切断で大切なことを学びました。「危険とチャンスは背中合わせだ」ということです。左足を切断しても一生走れなかったかもしれません。しかし、走れるようなチャンスも生まれました。 このこと以来、チャンスがあれば危険があっても挑戦しようと決心しました。人生の敗者は危険を恐れ、自分に限界をつくってしまう人です。手術前は左手が動かせませんでした。

左足を切断した際に足のアキレス腱を左手に移して動かせるようにしてもらいました。 壁や障害が問題ではありません。大切なのはどうやって乗り越えるかです。人間は多かれ少なかれハンディキャップを背負っています。最大の障害は何でしょうか。否定的な考え方です。どんな恵まれた体で生まれてくるよりも、何でもやってやろうというガッツの方が大きな力です。

 僕は僕の肉体を変えることは出来ませんが、考え方を変えることはできます。 両親が前向きな姿勢を教えてくれたことに深く感謝しています。私は、小学校に入るまで自分が身体障害者だとは思わずにいました。小学校に入った最初の日、先生は「悪いけどあなたは身体障害者だから、このクラスには入れない」と言いました。 「僕は障害者ではありません。僕の名前はロジャーです」。泣き出した僕に先生は、「家に帰ってお父さんに聞いてきなさい」と言いました。

 「ねえお父さん、先生は僕を身体障害者だと言うんだよ」。すると父は僕を見つめ、「ロジャー、おまえはいつも前向きな態度でいるかい」。僕が「うん」と答えると、父は「じゃあ、自信を持って言うんだ、障害者じゃないって。自分は障害者だと思う人だけが本当の障害者なんだ」。僕は両親に感謝しています。僕は両親から多くの愛と恵みを受けました。 僕にはブライアンという弟がいます。ある時、母に「また僕みたいな子が生まれたらどうするつもりだったの」と聞くと、「あなたは特別の子だったから、もう1人そういう子が生まれてもいいと思ったの」と言いました。

 「では弟が生まれた時、どう思ったの」。母は、「あなたはたった2000gの小さな赤ちゃんだったわ。でもブライアンは4600gもあって、手と足にそれぞれ5本づつ指がついていたの。あら大変、お祈りがききすぎたんだわと思ったわ」と。母も前向きに考える人です。 母は「親は子供に二つのことを教えなければいけない」と言いました。「一つは歩くことと、親から歩き去ること」、それと「前向きな態度と夢を持って歩いていくことです」。 大人になるにつれ、誰も愛してくれないのではと思うようになりました。しかし2年前、僕の人生を大きく変えてくれる人に出会いました。デートの時、彼女は僕の手を握ってくれました。すると僕は涙が溢れてきました。彼女は「どうしたの」って言うので、「どうして僕の手を握ってくれるの」と聞きました。「だってあなたの手じゃない。指の数なんか問題じゃないわ」。

 何という言葉でしょう。人を愛する時、その人の包み紙は問題ではなくなるのです。 ある風船屋さんに、色々な色の風船がありました。白、黒、黄色、少しカタチが変なものも、でもどの風船も大空へ飛びます。大事なのは風船の中身です。言い替えると、肌の色とか、人の外見ではなく中身が大切だということです。

 皆さん僕は大変恵まれた男です。歩けるようになったばかりでなく、八四年のロス・オリンピックでは聖火ランナーを務めました。何でもできる人はいません。しかし誰でも何かができます。みな素晴らしい才能を与えられています。それを信じて実行することです。夢はかないます。あきらめないで下さい。ありがとう。 

藤波 英子

国際協力SHINZEN(しんぜん)公式ホームページ
SHINZEN(しんぜん)活動報告ブログ


SHINZEN(しんぜん)おすすめリンク集



  • SHINZEN(しんぜん)活動報告-地雷撤去・被害者支援-
    SHINZEN(しんぜん)ではカンボジアにおいて、地雷撤去活動・被害者支援のため、地雷撤去センター(CMAC)・ベテランズインターナショナル(VIC)などへの支援を行っている...
    http://www.eshinzen.net/report-removemine.htm

  • SHINZEN(しんぜん)活動-報告教育・職業訓練-
    「中学校・高等学校運営」・「校舎建設」支援
    SHINZENの支援している太陽中学・高校の8年生の入学手続き開始日には、85の定員に対し、徹夜組を含む300名以上が押し寄せ、未だかつてない大混乱となった...
    http://www.eshinzen.net/report-education.htm

  • SHINZEN(しんぜん)活動報告-医療支援-
    「孤児院支援・マラリア検査・治療薬配布」
    SHINZENでは地元の医師・検査技師の協力を得ながら、検査および治療薬の配布を行っている...
    http://www.eshinzen.net/report-healthcare.htm

  • SHINZEN(しんぜん)活動報告-井戸掘り・飲料水確保-
    「井戸建設支援・農業(稲作)支援」
    ウガンダ共和国 カンパラ地区(Mutundwe,Nateete)、施工前のこの湧き水は、繁みに囲まれた場所に水溜りのような状態でありました...
    http://www.eshinzen.net/report-digwell.htm

  • SHINZEN(しんぜん)活動報告-国内活動-
    国際会議・給食サービス・ボランティア学習会「共にの集い」・おむつたたみ
    http://www.eshinzen.net/report-home.htm

  • SHINZEN(しんぜん)ニュース-おげんきですか?
    http://www.eshinzen.net/ogenkidesuka.htm

  • SHINZEN(しんぜん)福祉ショップしんぜん
    http://www.eshinzen.net/shop.htm

  • SHINZEN(しんぜん)収支決算報告書
    http://www.eshinzen.net/settlement-of-accounts.htm

  • SHINZEN(しんぜん)よくある質問
    SHINZENでは、随時、会員の申込を受け付けております。また、国内活動として...
    http://www.eshinzen.net/faq.htm


posted by SHINZEN at 14:31 | SHINZEN(しんぜん)-身体障害
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。