SHINZEN(しんぜん)の「共にのつどい」の名前には「共に生き、共に考えよう」という意味がこめられています。 SHINZEN(しんぜん)では毎月、施設の先生、あるいは障害者ご本人や、お母さん、他のボランティア・グループの方々をお呼びしてお話を伺っており、その内容は、どれも感銘深いものばかりでした。 講師の方は、淡々と語りながらも、一つ一つの言葉の中には、ほとばしるような思いがあり、私たちSHINZEN(しんぜん)スタッフにも熱い情熱が伝わってくるのです。 時には、胸を切り裂かれるような悲しみ、苦しみの淵に立ちながらも、それを超えてきた道のりは聞く者の心をゆさぶりました。 どうやってその壁を越えたのだろうか。どうしたら、そんなにも変わらない心で尽くせるのだろうか... そこには、生きていく上で大切なものが珠玉のようにきらめいていました。 SHINZEN(しんぜん)ではこれから、ブログを通して「共にの集い」の内容を紹介していきます。

SHINZEN(しんぜん)何でも出来る人はいません

SHINZEN(しんぜん)いのちの輝きより

「何でも出来る人はいません。しかし誰でも何かが出来ます」-c ロジャー・W・クロフォード二世   96年8月

アメリカで人気スピーカーとして活躍し、プロテニス協会承認のプロテニス選手でもある、ロジャー・W・クロフォード2世のスピーチを紹介します。
                    ◇
 皆さん、僕の体が普通ではないことに気付かれたことと思います。僕は先天的に手足が欠けてしまうエレクトロダクトリアという病気を持って生まれてきました。僕の手足は全て何かが欠けています。左手の指は2本、右手の指は1本しかありません。5歳になった時、人生の重大決心をせまられました。左足の下の部分を切断し義足を着けられるように手術するか、そのまま歩行器を使って歩くかです。ちなみに右足の指は3本あります。

 私は、左足の切断で大切なことを学びました。「危険とチャンスは背中合わせだ」ということです。左足を切断しても一生走れなかったかもしれません。しかし、走れるようなチャンスも生まれました。 このこと以来、チャンスがあれば危険があっても挑戦しようと決心しました。人生の敗者は危険を恐れ、自分に限界をつくってしまう人です。手術前は左手が動かせませんでした。

左足を切断した際に足のアキレス腱を左手に移して動かせるようにしてもらいました。 壁や障害が問題ではありません。大切なのはどうやって乗り越えるかです。人間は多かれ少なかれハンディキャップを背負っています。最大の障害は何でしょうか。否定的な考え方です。どんな恵まれた体で生まれてくるよりも、何でもやってやろうというガッツの方が大きな力です。

 僕は僕の肉体を変えることは出来ませんが、考え方を変えることはできます。 両親が前向きな姿勢を教えてくれたことに深く感謝しています。私は、小学校に入るまで自分が身体障害者だとは思わずにいました。小学校に入った最初の日、先生は「悪いけどあなたは身体障害者だから、このクラスには入れない」と言いました。 「僕は障害者ではありません。僕の名前はロジャーです」。泣き出した僕に先生は、「家に帰ってお父さんに聞いてきなさい」と言いました。

 「ねえお父さん、先生は僕を身体障害者だと言うんだよ」。すると父は僕を見つめ、「ロジャー、おまえはいつも前向きな態度でいるかい」。僕が「うん」と答えると、父は「じゃあ、自信を持って言うんだ、障害者じゃないって。自分は障害者だと思う人だけが本当の障害者なんだ」。僕は両親に感謝しています。僕は両親から多くの愛と恵みを受けました。 僕にはブライアンという弟がいます。ある時、母に「また僕みたいな子が生まれたらどうするつもりだったの」と聞くと、「あなたは特別の子だったから、もう1人そういう子が生まれてもいいと思ったの」と言いました。

 「では弟が生まれた時、どう思ったの」。母は、「あなたはたった2000gの小さな赤ちゃんだったわ。でもブライアンは4600gもあって、手と足にそれぞれ5本づつ指がついていたの。あら大変、お祈りがききすぎたんだわと思ったわ」と。母も前向きに考える人です。 母は「親は子供に二つのことを教えなければいけない」と言いました。「一つは歩くことと、親から歩き去ること」、それと「前向きな態度と夢を持って歩いていくことです」。 大人になるにつれ、誰も愛してくれないのではと思うようになりました。しかし2年前、僕の人生を大きく変えてくれる人に出会いました。デートの時、彼女は僕の手を握ってくれました。すると僕は涙が溢れてきました。彼女は「どうしたの」って言うので、「どうして僕の手を握ってくれるの」と聞きました。「だってあなたの手じゃない。指の数なんか問題じゃないわ」。

 何という言葉でしょう。人を愛する時、その人の包み紙は問題ではなくなるのです。 ある風船屋さんに、色々な色の風船がありました。白、黒、黄色、少しカタチが変なものも、でもどの風船も大空へ飛びます。大事なのは風船の中身です。言い替えると、肌の色とか、人の外見ではなく中身が大切だということです。

 皆さん僕は大変恵まれた男です。歩けるようになったばかりでなく、八四年のロス・オリンピックでは聖火ランナーを務めました。何でもできる人はいません。しかし誰でも何かができます。みな素晴らしい才能を与えられています。それを信じて実行することです。夢はかないます。あきらめないで下さい。ありがとう。 

藤波 英子

国際協力SHINZEN(しんぜん)公式ホームページ
SHINZEN(しんぜん)活動報告ブログ続きを読む

posted by SHINZEN at 14:31 | SHINZEN(しんぜん)-身体障害

(SHINZENしんぜん)愛は、誰の心にもあるもの

愛は、誰の心にもあるもの、使わないと涸れ、
使えば使うほど溢れ多くなるもの (しんぜん いのちの輝き)

c 田中亮治  「東京光の家」理事長 93年6月

 光の家の創立者、秋本梅吉(盲人)は青年時代に内村鑑三に師事しキリスト教の信仰を持つことを通し、それまでの悲嘆にくれた人生観から、心の目が開かれ、生きることの喜びを知りました。
この喜びを少しでも多くの盲人に伝えたいと、大正8年に点字の聖書を作りを始めました。これが光の家の始まりです。

 時代を経て、今では盲人を直接お世話することになり、総合施設として約220人が入所していますが、点字聖書の出版は授産施設の科目の一つとして、今でも受け継がれています。

 私は、この仕事に入る前は教師をしていましたが、全ての職業は必要があって存在するのですから、社会福祉の仕事だから大変だとか尊いと思ったことはありません。
むしろそういう思いは社会福祉に携わる人にとってマイナスになってしまいます。

 ただ、こうした仕事に携わることが許されていることは、幸いなことであり感謝しています。
だからこそ一生懸命やってきました。

 さて、障害を持った人にとって、何より大切なのは、その障害をどうとらえるかということだと思います。

 新約聖書のヨハネによる福音書第九章の中で、弟子達が盲人を見てイエス様に「このひとが盲人であるのは誰の罪の為ですか」と訊ねると、「本人の罪でも、両親の罪でもなく、ただ神のみ業が彼の上に現れる為である」というくだりがあります。
この聖句は実に意味深いものです。

 私も盲人の方に、その聖句を用いながら「聖書ではこう言っています。私には分かりませんが、皆さんはどう思いますか」と問いかけることがあります。

 なぜなら盲人の方が、その障害を「自分は運が悪かった」という観点だけでとらえて欲しくないからです。

もし、「これは自分や先祖の罪のためではなく、神の栄光が現れる為である」という見方が出来るようになれば、その人の人生はまったく違うものになります。

 それまで、親を恨んだり、ひねくれたりしていた人が、「神のみ栄えの為であった」と知り、がらりと人生が変わって、見える人以上の働きをしてきた人を何人も見てきました。

 私共の光の家の創立者もそうですし、大阪の「日本ライトハウス」の創立者、岩橋氏もそうでした。長い苦しみを経て、やがて障害を受容し、前向きに生きていく姿こそ、神の栄光です。

 次に光の家とボランティアの関わりをお話しします。私共ではまず、ボランティア希望の人と面接をし、何をしたいのかよく聞き、その人に合わせて仕事を用意しています。
また、無理のない範囲できてもらっています。始めは張り切っていますから、毎日でもという人もいますが、長く続けていただくために週に1回、2〜3時間ぐらいでお願いしています。

 一方、ボランティアの人に心がけて欲しいのは、来られない時や遅れる時はきちんと連絡して欲しいということです。
外出の同伴をしてくれるというので、おめかしをして待っていても、何の連絡もなしに来られないと、とてもがっかりします。
もう一つ重要なことは立場を越えないということです。
長く来ているうちに職員のあらが見えてきて、不満がでることもありますが、やはり立場を越えると職員としても困るんですね。

 ボランティアというのは、その人のやさしさの現れだと思います。愛は、誰の心にもあるものですが使われないと涸れ、使えば使うほど溢れ、多くなります。
ボランティアとは、まさに愛の力を蓄える行為といえます。皆様も、どうぞ末長くボランティアを続けて大きな蓄えを作って下さい。

国際協力SHINZEN(しんぜん)公式ホームページ続きを読む
posted by SHINZEN at 16:21 | SHINZEN(しんぜん)-身体障害

(SHINZENしんぜん)障害も一つの個性だと思って生きてきました

障害も一つの個性だと思って生きてきました(SHINZENしんぜんいのちの輝き)

森田 薫  和紙工房 93年4月

 森田さんは、2才の時にポリオになり左足が不自由になりました。
病院で医療事務課長として人望の厚かった森田さんが病院を辞め、和紙で作るアクセサリーの製作・卸の工房を始めたのは、やはり足に障害をもつ夫人の千晶さんの2次障害が重くなってきたためでした。

 私は、山梨の田舎で普通の小学校、中学校、高校に松葉杖をつきながら通い、皆と一緒に大きくなりました。20才の頃、障害者の間で神様のように思われている浦和整形外科の院長の存在を知り、手術で1年間入院し、こうして義足も松葉杖もなく歩けるようになったのです。

 そこで私は、現在の妻と巡り会ったのです。8つ年下の彼女は当時、光明養護学校に通う17才の学生で結婚など思いもよらなかったのですが運命とは不思議なものです。2年後、結婚の話しがもちあがりました。

SHINZEN(しんぜん)の公式ページは下記にあります

 妻は、両足を切断して義足でしたが、そうとは思えないほどきれいに歩いていました。しかし、母や兄弟達は、「薫が苦労をする」と言って猛反対をしたのです。 障害者やその家族は、健常者との結婚を望むことが多いものなのです。しかし、私が巡り会ったのはこの人で、たまたま足が不自由なだけだと説得しました。

 こうして反対を乗り越えて結婚し、今では息子も21才になりました。
この23年間、ケンカをしたことは一度もありません。よく「秘訣は?」と聞かれるのですが、「相手の立場に立って考える」ということです。
人を責めない、まず自分を省みる。互いの思いやりが大切です。赤ちゃんと母親の関係と同じです。赤ちゃんの便を母親は汚いと思いません。
愛とはきれいとか汚いということを超え、見返りを求めないものです。

 この23年間には、困難な事も数々ありました。10年ほど前、妻はある大学病院で、珍しい患者が来たということで裸にされ物体のように診察台に縛りつけられ、何人もの医者によって検査をされました。その時のショックで、記憶と両目の視力を失ってしまいました。元に戻るのに数年もかかりました。

 妻は乳癌もあるのですが、麻酔が効かない体質なので手術は出来ません。麻酔が効かないというのは辛いもので、歯一本抜くのも大変なことなのです。 それでも妻はとても明るく迫力(笑)のあるタイプです。
若い頃はパラリンピックの砲丸投げで向かうところ敵なしでした。しかし2年前ぐらいから多発生神経炎になり、筋肉に脳からの命令が伝わらなくなりました。

SHINZEN(しんぜん)の公式ページは下記にあります

 コップを持っていても、意識していないと落としてしまうんです。義足もつけられなくなり、車イスの生活になりました。こうなると家の中で一人にしておけないので18年間勤めた病院を辞めました。仕事は二人で出来るものをと考えて和紙細工を始めました。私は、山梨にいた頃金細工職人をしていました。昔とった杵柄で、研究を重ねた製品はどこにも負けない自信があります。

 こんな私達ですが、いつも話し出すと将来の夢が次々にわいてくるんですよ。私達のモットーは、「悩まない、笑った人生」。もちろん人生の重大な岐路に対しては徹底的に話し合いますが、「癌になって死んだらどうしようか」とか、悩んでも仕方がないことは悩まないんです。いくら悩んでも、その事実は変わらないんですから。

 私は障害も一つの個性だと思って今まで生きてきました。全てをわりきった上でよりよく生きていくことがとても大切だと思います。

  国際協力SHINZEN(しんぜん)公式ホームページ続きを読む
posted by SHINZEN at 10:40 | SHINZEN(しんぜん)-身体障害

SHINZEN(しんぜん)盲人をヘルプする時は、目をお貸しするという一体感をもった意識が大切

SHINZEN(しんぜん)講話集1
全盲でありながら30年以上も健常の子供達にそろばんを教えてこられた公認植田中央そろばん教室長の清水さんをお迎えして、「視覚障害者とボランティア」という題でお話をうかがいました。

 しんぜん会では、視覚障害者へのボランティア活動は、今までしてこなかったのですが福島県カトリック障害者協議会の会長としても活躍している清水さんのお話しは、分かりやすくとても参考になりました。
                    
 盲人と初めて会った時には、当然ながら挨拶から始まります。その時は、会釈だけでは分かりませんから、握手をしながら、あるいは肩に手をおいて話しかけます。

 次に案内、誘導する時は、まず盲人の方に「どちらに立ちましょうか」と尋ね、誘導者が盲人の一歩前に立ちます。その時、誘導者が盲人の後ろから手を入れ腕を組むのではなく、盲人が後ろから手を組むようにします。階段の場合は、「階段です」だけでは上がるのか下がるのか分かりませんから、「階段上がります。下がります」と一言つけ加えるように。

 路上で、水たまりや溝など障害物があった時は、「溝ですからちょっと待ってください」と声をかけ、誘導者が先にまたぎ溝の大きさを体の感覚で伝えます。大切なことは常に具体的に説明し、声をかけることです。

 最近、日本の福祉事務所でも盲人専門のガイドヘルパーの育成を始めていますが、私には女性ヘルパーとの間に、笑うに笑えぬ「小指の思い出?」という失敗談がありました。

ある会合へ参加するため、ヘルパーの依頼をしたところ、来てくれた女性が「すみません。くっつかないで下さい。くっつくのは主人だけで結構です」と一声。「小指と小指を繋ぎましょう」と言われ、会場へ着くまで道を歩くにも不安で神経を使いはたし、そのうえプライドも傷つけられ、その晩は体調をくずしてしまいました。

 ヘルパーとは、盲人の目の代行であるという意識が必要です。ヘルプする時は、その方に「目を貸す」という一体感をもった意識が大切であると思います。
                    
 この日は、1年余り前に結婚された奥様を伴っていらっしゃいました。たった2度目の出会いでプロポーズされた奥様は、「こんな私でよかったら」と即答されたそうです。

清水さんのお話しの専門用語は、奥様がすぐさま板書され、その一体感ぶりはみごとでした。元カトリックのシスターだった奥様は、見えない神様の愛を見えるものとして表しているようでした。

国際協力SHINZEN(しんぜん)公式ホームページ
SHINZEN(しんぜん)国際ボランティア活動報告ブログ
posted by SHINZEN at 16:24 | SHINZEN(しんぜん)-身体障害

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。